tokushima blog
2019.10.02(水)

Tokushima Musicians’ Fes.2019 本番編

 

令和元年9月29日 日曜日

改装中のあわぎんホール

 

開場14時30分。

このときが毎年いちばんハラハラドキドキワクワクキュンキュンしますなぁ。。

 

経てからの15時。住友紀人プロデュースTokushima Musicians' Fes.(以下TMF)2019開演しました。

 

出演者を1人ずつご紹介いたしましょう

 

まずはTMF Greatest Bandの不敵な面々から

プロデューサー兼sax兼key兼MC、その他一切合切兼任のスミトモ

 

その人間的魅力もあって、今やスミトモ組関西支部長的な古賀和憲(Gt)

 

実は声も美低音、山本連(Ba)

 

やっぱりあなたは最高だった、鶴谷智生(Dr)

 

クラーキーまた来てほしい、堀倉彰(Pf)

 

第1回TMF以来のうれしい再会、下神竜哉(Tp)

 

 

経てからにして、平均年齢17歳の徳島ミュージシャンズ

オープニングの大役はTMF初のエレクトーン奏者、濱口明日香

 

声変わり真っ只中の島憂樹(小6)は人生初のオリジナル曲を披露。

 

オーダーメイドの衣装ときらびやかなシューズをごらんいただけるであろうか。

 

スミトモ節とでも言いたくなる美しいメロディに歌詞を作って披露した杉本いほり

 

澄んだ歌声と、ただならぬ存在感に魅了されました。

 

今回最も異彩を放ったのはオリジナルのピアノ曲をぶち込んできた東屋健太郎

 

今時めずらしいネイチャーボーイ。これからの彼の人生が楽しみです。

 

清潔感あふれる3人組ヴォーカルユニット、クリスタル・クリア

 

テレビ徳島(ケーブルテレビ徳島)「朝ごはん食べた?」にも出演中の早川志保

 

絶妙の妹キャラ、牧野なつみ

 

ラガーマンにして寿司職人のような清廉さ、西山大喜

 

2度目の登場ではGreatest Bandをバックにピアノ、キーボードに挑戦した濱口明日香

 

今回S-tyleは姉妹でのエントリー。

 

姉のNanakoはギターとヴォーカル。

真似したくてもできない個性がここにある。

 

初めてのTMFは2016年、てことはまだ小5だったのか。そんなKokonaは姉を背後から支える。

 

初のオリジナル曲では前年とは見違えるほどの歌唱力で圧倒した榎並はな

 

昨年、打楽器3者バトルで華々しくデビューした山口幸祐は高1にしてすでにいぶし銀のドラミング。

 

 

それからどしたの!

ゲストのダイナマイトしゃかりきサ〜カス

 

声の包容力、KWANI

 

笑いと涙を届けてくれた、ゆうき

 

名前の由来はもちろん聞きました、たろう

 

すいません、徳島のお客様にここまでハマるとは想定外でした

 

 

今年もええ感じじゃのぉ。。

 

 

ここでちょっと集合〜

 

 

最後は全員で歌いました

それぞれ個別の出演を終えて、

 

みなさんの表情もいくぶん穏やかに

 

楽しんで歌ってますな

 

今回のエントリーメンバーではありませんが、右から昨年出場した実力派の阿望紗苗、スミトモ組からぴぃちゃんのぶちゃん

 

実はKWANI & ゆうき両講師によるTMFセミナーで「本番当日みんなで歌いたい人はぜひ参加して」との要請に応えてくれたのがこの3人なのです。

 

ぴぃちゃんがのぶちゃんを抱き寄せてる、緊張感が伝わる瞬間。

 

おいおい、壇上での自撮りは下神サン

 

というわけで

 

みなさん、お越しくださりほんとうにありがとうございました。

 

このブログは次回、毎年マニアからご好評をいただく「本番以外編」に続きます。

 

 

あっと、10月の大切な告知ふたつ!

 

スミトモのイベントは、そのすべてが「唯一無二」です。

 

心よりお待ちしてます。

 

関連記事

tokushima blog

    STAFF DIARY2
検索
New Releases

PAGETOP