tokushima blog
2017.11.03(金)

Humanoise Project 2017@西納体育館

 

2012年から始まったHumanoise Project

 

ここで過去の出演者をふり返ってみましょう(スミトモは割愛いたします)。

 

2012年9月 高瀬麻里子、中丸達也、いちむじん

2013年11月 高瀬麻里子、西山HANK史翁、エバラ健太、金森佳朗、崎山弥生、山口とも

2014年8月台風により中止)高瀬麻里子、野沢香苗、エバラ健太、渡辺具義、古垣未来、山口とも

2015年11月 高瀬麻里子、野沢香苗、エバラ健太、山口とも

2016年10月 矢幅歩、中山由依、コモブチキイチロウ、佐藤芳明、山口とも

 

3年目には台風に泣かされたスミトモ一座でしたが、今回も公演の2日前には台風接近に伴い「会場変更の令」が発布されました。

そりゃ、正規の会場である八面神社農村舞台は素晴らしさは言うまでもありません。

 

しかし、今回の会場となった西納体育館は、現在は廃校となった旧西納小学校のウッディな質感の体育館だけあって実に「ヒューマノイズ的」。結果All Right。

開場時間の正午頃がいちばんの暴風雨のピークでしたが、それでも150名ほどのお客さまが足を運んでくださいました。

 

上着の雨滴をぬぐいつつ入場料の千円を支払っておられるお客さま。

そんな光景を目にした出演者たちは思わず背筋を伸ばし、あらためて全力での演奏を誓ったのでありました。

 

それでは今年の出演者のご紹介。

ミスター「継続は力なり」、住友紀人(Sax、EWI、Kbd)

 

まだまだいましたスミトモの隠し球、Chi Ja(Vo)

 

「お京」に続き新曲「まち」も感涙モノ。徳島から参加の井ノ上陽水(あきみ Vo、G)

 

山間の村にディスコのグルーブ、コモブチキイチロウ(B)

 

秋の那賀町にこのヒトあり、山口とも(Perc、Dr)

 

父も祖父も徳島とは縁があるとのこと。

 

今回も複数の小学校や教育機関に招かれて連日大忙しだったようです。

 

体育館の窓に映ってました。

 

舞台ソデ愛好者

 

やはり「人事のスミトモ」。新人さんの起用も文句なし。

 

「三陸漁鮮」健在なり

 

TMFTokushima Musicians' Fes.)がスミトモのオモテの顔ならば、さしずめこのHumanoise Projectはスミトモの素の部分が露呈するウラの顔と言えるでしょう。

 

陽と陰。どちらもスミトモらしいイベントです。皆様方のお力添えをいただきながら、まだまだ続いていくことでしょう。

 

 

 

それからどしたの!

 

 

今年の徳島でのスミトモの活動は12月3日(日)の昼夜ダブルヘッダーを残すのみとなりました。

 

まず昼は川内町の大塚ヴェガホールで開催される「徳島邦楽集団 第17回演奏会」に特別出演させていただきます。

 

スミトモが選曲しアレンジを施しました主としてジャズの曲を邦楽の皆様と共演いたします。

13時開場、13時30分開演 前売券500円、当日券700円、高校生以下無料です。

お問い合わせは、徳島邦楽集団0886452048(中村)、09045065984(成川)

これは10月のお稽古風景です。

 

経てから、夜は19時から八万町の「ギャラリー花杏豆」で開催される「アコースティック・フレンズ in 花杏豆」に出演します。

 

ここ数年来、小松島のやまももフェスタなどでお世話になっている中山俊雄県議ご夫妻のデュオ(momo)に客演させていただくのですが、他に2組ほど出演されるようです。入場無料とのことですので(飲食代のみ必要)どうぞお気軽にお越しください。

 

 

それでは、ここからはHumanoiseあれこれ。

徳島新聞にも掲載されました。

 

本文に「チジャ」の名前が2度も載っているのに、なぜかわざわざ当人(だけ)が写っていない写真が掲載されております(笑)

 

館内アナウンスをつとめる主催者である丹生谷清流座の湯浅氏と、今やスミトモの分身とも言える音響の多田氏。

 

今年からはHumanoise Projectタオルも販売(笑)

 

会場の隅っこに異彩を放つ空間。ともともグッズ販売コーナー(笑)

 

リハは楽しいぞなもしかして その1

 

リハは楽しいぞなもしかして その2

 

昨年からは西納体育館隣接のお座敷にて慰労会を催してくださるようになりました。

このあと徳島市内まで運転せなアカンわしらはノンアル大量摂取で腹パンパンになった だス!(風 大左衛門とニャンコ先生に捧ぐ

 

では、12月3日にお会いしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

tokushima blog

    STAFF DIARY2
検索
New Releases

PAGETOP