tokushima blog
2015.05.04(月)

エバラ健太と中丸たっぺぇがやって来た。ポールも日本にやって来た。

スミトモが音楽を担当する「ドラゴンボールZ 復活のF」絶賛公開中の黄金週間まっただ中
みなさま、お元気でしょうか
今年はドラマ「オリエント急行殺人事件」「デート〜恋とはどんなものかしら」も多くの方にごらんいただきました
9月には映画「アンフェア the end」も公開決定しております
そんなスミトモがふるさと徳島の地で2月に開催したTokushima Musicans' Fes.2015を今ここでもう一度振り返りたい..あなたと..
プロデューサーとして、Greatest Bandのメンバーとして今回も大役を果たしたスミトモ
いまだにあのゴージャス感は忘れられんCrystal Kay
植松陽介ダァシャリヤス
今なんつったか分かんなかったからもう一回言って
TMFチルドレン、中山由依
bandneon
THE春夏秋冬
白井アキトのプレイには帽子かぶってないボクですら脱帽しました
みんなカッコいいね
そんなワケで..徳島の2バンドとは後日、慰労会を挙行いたしました
THE春夏秋冬から3名とスタッフの浅野くん、のぶちゃん、やまち
経てから..
こちらはbandneonから3名と特別参加の中山由依、浅野くん、やまち。左側の男子2人は全身トータルでペアルックですね
「敬愛するスミトモさんには、今後ともあたたかく見守ってほしい」と、みなさん異口同音に語っておられました
そのスミトモですが、徳島での活動は7月の海の日あたりと、11月初旬ころに予定されておりますのでファンの皆さま、アタマの隅っこに入れといてくださいね
 ◯  ◯    
はてさて、もはやスミトモ一座の中核をになうエバラ健太があたりまえのように徳島にやって来て「ギタークリニック」を開催
急な告知にも関わらず、多くの善男善女の方々が熱心に受講されておりました
その後にはライヴハウス寅家にて「健太と仲間たち」なるライヴが開催されました
写真右からエバラ健太、菊池よしき、中山由依、三橋祐太、井上陽水(あきみ)、中丸”たっぺぇ”達也
ギタークリニックでも健太のアシスタント役を果たした、これまたスミトモ一座の人気者たっぺぇ
そしてまたもや登場(笑)
夜の徳島といえばこの人、ケレコリオ・マカと中山由依はTMF出場経験者という絆で結ばれています
由依の妹的SSWといえば..福富弥生
エフエムびざん(79.1MHz)で「福富弥生のここにしかないラジオ」がスタート(火曜18:30-19:00)
ちなみに中山由依も昨年から同局にて「中山由依のビビデバビデブー」やってます(月曜18:30-19:00)
福富弥生は5/30に待望のファーストアルバム「ここに生きてる」をリリースします
プロデュースは他ならぬエバラ健太
全8曲入りで2000円(税込)
平惣各店、ディスクステーションAWA、ココナッツ”柳町春雨”スタジオ、ライヴ会場で発売します
詳しくは素晴らしいオフィシャルサイトがありますのでぜひごらんください
左目の下のほくろが妙に色っぽくなってきた福富弥生の今後にご期待しよう!
そして、こちらはもはや「生ける世界遺産
京セラドーム大阪(4/21)
東京ドーム(4/27)
一昨年の前回来日時のやまち渾身の記事もあわせてお読みいただければ幸いです
午前中から早くもペニンシュラ東京前にお行儀よく集結するポール出待ち族のみなさま
前回来日時には世界有数のビートルズ・カヴァーバンドThe Parrotsをわざわざペニンシュラに招いて夫人の誕生日を祝ったというポール
おおげさでなく世界中のミュージシャンが六本木の「Abbey Road」に専属出演中のParrots詣でにやってくるのですね
ボクもオジャマしてきましたよ(ご案内役の長崎栄さんに感謝!)
  ◯   ◯   ◯   ◯   ◯
では、載せ忘れ一掃処分!いつもの食と宿のコーナー
若々しく明確なお店、三田「晴山」
ローマやフィレンツェで食べたデタラメな創作イタリアンとは違うまっとうなフュージョン・イタリアン、麻布十番「ラ・ブリアンツァ」
ほぼ毎年いただく「神戸吉兆」のおせちは「食べたい」と思わせる「料理」がいっぱい詰まってます
これ以上予約取れんようになったら、わたしゃ往生しまっせ、銀座「青空(はるたか)」
日比谷公園の全貌が望めるペニンシュラ東京(デラックススイート)116㎡のリヴィング
その夜バージョン
実はシティホテルのプールってなかなかにむずかしいのですが、ここペニンシュラ東京のプールは文句のつけようがありません
別に東京タワー見えない部屋でもよかったんやけど(笑)リッツカールトン東京(クラブタワーデラックス)52㎡
なんとなく"Ryokan"ぽいけど決してヘンな「和(風)」を持ち込まないことで成功しているリッツカールトン京都(デラックスガーデン)45-62㎡
リッツカールトン京都(ラグジュアリー)52-55㎡
元シアター・ブルックのリーダー兼ドラマー(奥村真紀さま撮影)
追記
到着順に、中丸”たっぺえ”達也、菊池よしき、服部哲也(THE春夏秋冬)、福富弥生、そしてエバラ健太各氏から丁重なコメントが届いています。ありがたいことです。

tokushima blog

    STAFF DIARY2
検索
New Releases

PAGETOP