tokushima blog
2013.11.18(月)

HumaNoise Project 2013@八面神社農村舞台

 
あれ)からまぁだいたい1年と2ヶ月。

今年で2回目になるHumaNoise Projectもおかげさまで晴天に恵まれ無事に終えることができました。

「ヒューマノイズ」っちゅーのはスミトモが考案した造語ではありますが、ワタクシがまだ人生のふんどし担ぎ的未熟者であったときに精魂込めて打ち込んでましたバンド名すなわちマザー・ノイズ(後のシアター・ブルック)を彷彿とさせるネーミングですので個人的にも愛着がありますな。

「ヒューマン」と「ノイズ」。

人間が生きている、息をしている。そこには音が発生する。また自分を取り巻く環境も様々な音に溢れている。ええ音色もイヤな音も。はたまた自然の音も人工的な音も。

要するに音楽に身を捧げた住友紀人という人間の生き様をここ那賀町で表現しているということになりましょうか。

神社のすぐ側で今年も那賀川の源流たる紅葉川の決して穏やかではない川音が終始聞こえておりました。


公演前日の11月16日土曜日。到着。
1
バスや電車やヒコーキとは無縁の地です。それでも徳島市内からクルマで1時間半ですからそう大したこともない。道に迷うた人民でも概ね2時間あればボーゼンとした表情でたどり着いてます。


リハーサルなどを終えて、那賀郡相生町の「淡水荘」で1泊しました。
2
住友もわしも、他の面々も生来の口(くち)ゼイタクなもんでして「田舎料理」にあぐらをかいたようなモンが出てきたら皆でしり取りでもしてやけ酒かっくらって布団かぶって寝るしかないと覚悟しつつ、全員人殺しのような目つきで宿に突入いたしましたが、ほどなく全員が笑顔になりました。

ニジマスやアメゴを旅館前の広大な生け簀で育てるご主人の西山さんご一家の温かい真心がじわじわと伝わるお宿です。

夕食の白眉はボタン鍋(いのしし)とアメゴの塩焼きに骨酒。ニジマスの造り。渋いところでは岩茸。

朝食では炊きたての銀シャリと古代米の二本立て。泣きながらかき込んどる音楽家もおりましたな。

3
お世話になったご主人と記念撮影。ではここで今回も「人事のスミトモ」の面目躍如たる堂々の布陣をご紹介しましょう。

左からベースの金森佳朗、ギターの西山”はんこや”史翁、ドラムス&パーカッションの山口とも、ヴァイオリンの?山弥生、御主人の西上健一さん、ヴォーカルの高瀬”makoring”麻里子、スミトモ、ゲスト・ヴォーカル&ギターのエバラ健太、ワタクシ。あれ、ともさんの敏腕アシスタントの原さんがおらんな。あとでご紹介します。ほな行ってきます!



八面神社の入り口です。
4
空気が澄んでます。

5
最終のリハーサルです。

6
スミトモ周辺。

7
山口とも周辺。気になる。


11月17日日曜日。午後1時過ぎに開演しました。


8
幽玄なる空間です。

9
まこりんと?山弥生。

10
2年連続出場のまこりんの歌いっぷりに思わず顔をほころばせる住友。

11
左手に登場しましたご存知徳島県のマスコットすだちくん。住友が作曲した「進め!すだちくん」をエバラ健太が、「すだちの想い出」をまこりんが歌って生演奏での一般初披露となりました.


12
住友とはほぼ四半世紀のおつきあい。微笑みのギタリスト西山”はんこや”史翁。(撮影/浅野卓也)

13
住友一座のブライテスト・ホープ、エバラ健太。(撮影/浅野卓也)

14
砂かぶり席から(撮影/浅野卓也)

15
まこりんにとって徳島はもう勝手知ったる庭のようなもの。(撮影/浅野卓也)

16
童謡「かわいい魚屋さん」などの作曲家を祖父にもつ山口とものなんとも可愛気のあるナチュラルなドラミング。そしていぶし銀の重低音、フレットレスベースの金森佳朗。(撮影/浅野卓也)

17
「ともともコーナー」では日用品などを駆使して会場を爆笑の渦におとしいれてくれました。

18
あ、ステージ上の皆も笑うとるわ。

19
「日本廃品打楽器協会会長」による名演の応酬に涙を拭いて笑う観客続出。

20
現在は琉球大学で准教授もつとめる?山弥生。

ここからはコメント無用の5連発!
21

22

24

25

金森手




26
コンサートも佳境にさしかかってきました。

27
那賀町の有志の皆さまによって結成されたいわば「ヒューマノイズ合唱団」との共演です。

28
本人曰く「自分でもめずらしいくらい」に縦横無尽な歌い回しを披露したまこりん。

29
公演に先立ち人形浄瑠璃「三番叟」を熱演された清流座の方々も登場。

30
昨年もあんなに素晴らしかったのに、あれでじゅうぶん楽しかったのに、まだその「上」があったとは。

31
公演直後に合唱団の方々もいっしょに記念撮影です。

32
まこりんとすだちくん。

33
関係者で慰労会をしました。写真左から2番めのメガネの男性が山口とも氏のアシスタントの原さんです。お疲れさまでした。


鮮度がいいのが信条」の当ブログらしく、今回は「号外」的な感じで荒削りながらあえて公開いたしました。

この秋のスミトモの徳島でのその他の活動につきましては後日、こちらはやや熟成させましてお届けさせていただきます。

さて、スミトモの行事予定を2つばかり確認しておきますよ。

NHK徳島放送局開局80周年記念 大杉漣×住友紀人「ただいま、とくしま!」
11月19日(火)12:30開場 13:15開演 15:15終演予定  徳島県教育会館大ホール
すでに入場申し込みは締め切っております。
出演は住友のほかに大杉漣、堀尾和孝(G)名西高校合唱部、西山”はんこや”史翁(G)、鳴瀬勲(Perc.)板東”ばんばん” 真由美(チェロ)、佐々木孝枝(Vo.)ほか。
司会はペナルティ(お笑いコンビ)、赤木野々花(NHK徳島アナウンサー)。
当日の模様は11月29日(金)20:00〜20:43「阿波スペシャル」(総合テレビ・徳島県内)で放送されます。

住友紀人プレゼンツ Tokushima Musicians' Fes. 2014
2月23日(日)13:30開場 14:00開演(予定)あわぎんホール
出演決定! 元ちとせakiko、住友紀人グレイテスト・バンド(詳細未定)ほか
お問い合わせ FMとくしま088-656-2111 あわぎんホール088-622-8121



33
また声かけてね。


追記 
森に溶けてゆくヴァイオリンの音色、?山弥生さんからコメント頂戴しました(11/18)

進め!健太クン!エバラ健太クンからコメントいただきました(11/18)

住友一座の超常連にして八面神社の歌姫、高瀬”makoring”麻里子さんからステキなコメントが届いてます(11/19)

我が愛する最高のベーシスト金森佳朗さんからもナニワ風コメントいただきました!(11/24)

スミトモ本人から皆さまへ感謝の言葉が届きました。「テルマエ・ロマエ 2」など今後の予定にも言及していますのでぜひご一読ください!(11/25)

関連記事

tokushima blog

    STAFF DIARY2
検索
New Releases

PAGETOP